So-net無料ブログ作成
***************************************
国産材  みそぱーく木造館  展示住宅
IMG_2131-a.jpg
詳しくは 「日本の木のいえ情報ナビ」をご覧ください(^^)b http://www.nihon-kinoie.jp/sees/ehdb/detail.php?id=18&b=25

神明社 建て起こし工事  [神明社社殿修復事業]

http://tsuyoshi246088.blog.so-net.ne.jp/2013-04-12   のつづき
屋根小屋組材の傷みの補強材に 桧材(芯有)乾燥構造材を添え 金物補強も同時行いました。
IMG_5742-a.jpgIMG_5711-a.jpg

屋根の瓦が無く建物軽いので 建て起こしと水平の調整作業です。
レベル(水平)が一番悪いところで約4cm下がってしまっています(>_<) 建物の歪を水平にに直す工事にとりかかりました。
IMG_5771-a.jpgIMG_5773-a.jpg
油圧のジャッキで少しづつ建物を持ち上げて堅木材のパッキンを入れて 建物を水平にしていきます。
IMG_5781-a.jpg
柱の傾きも構造材に負担が無いようにワイヤーを掛けてひっぱり 少しづつですが歪みを直していきます。

今回の工事は規模が小さいですが 昔は曳家という専門職方たちの仕事でした。今では需要が少なくなり技術者も減ってしまってます(・_・;) 
専門職の経験と勘が活かされている作業を見ていると とても安心出来きます(^^)b 
    
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

Air mail [旅行記]

昨年の暮れにフランスの友達に出した 年賀状が先月戻ってきました(>_<)
えぇ〜 何で? と・・・・・ 引っ越しちゃったのか(・・;)
image.jpg
よくよく調べると 番地を書き忘れていたようで(^_^;)
2ヶ月ちょっと年賀状が旅をしていたようです。

改めて 国際スピード郵便で送り 追跡した結果 無事に届いたようです(^^)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

神明社 屋根下地 [神明社社殿修復事業]

天気の様子を伺いながら・・・・屋根下地工事に取り掛かりました。
瓦が撤去され 屋根土を撤去していきます。
当時の土は良質だと聞いています。 今回、泥コンやさんに運ばれてリサイクルされるようです。 
IMG_5597-a.jpg
屋根の野地板を撤去をすると 雨が入り部分的に腐敗している箇所が出てきました。
IMG_5623-a.jpgIMG_5620-a.jpg
設計士さん、建設委員さんに腐敗場所を確認していただき 補強工事を行うかの検討に入ります。
IMG_5632-a.jpg

最近は 寒くなったり、突然の雨と・・・ 天候が不安定ですが
もう少しの間 天気に[晴れ]恵まれることを祈りたいですm(__)m

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

神明社 屋根瓦1 [神明社社殿修復事業]

http://tsuyoshi246088.blog.so-net.ne.jp/2013-02-20

仮設工事が始まり 工事区画と足場設置が完了しました。
DSC_0022-A.jpg 
先日、役員さん立ち会いのもと  約100年前の鬼瓦(経の巻万十巴雲付)が降ろされました。
IMG_3430-b.jpg
鬼瓦は 手作りで 透かし模様や深みのあるデザインはとても趣きがあり 瓦職人さんの技術はスゴイと感じます。
計画では 焼き直しをすることになっていますが 当時の土の状態、瓦を焼いたときの温度によって 再度、窯に入れて焼いた後 変形や割れ等が出て使えない場合があるそうです。
IMG_5578-A.jpg
IMG_5576-A.jpg
設計士さん、役員さんと検討し 一部分だけを焼き直しをして様子を見ることとなりました。
焼き直しの結果が良ければ 鬼瓦は屋根に上げられて 氏子たちによって語り継がれて行くことになります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅